スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほ・げ・る

07/05
 家のおチビちゃんには、笑窪らしきものがあります。今日はその、笑窪をめぐってのおはなし。

 いないいないばあが好きなおチビちゃん、今日も“ない、ない、ぱ!”とやっては、ひとりでキャッキャと笑っておりました。
 そこで母は“あ~、笑窪がほげるな~”
 するとお姉ちゃん“ほげるってナニッ?”
 
 ハハ:え~?ほげるって言わんの?
 
 チチ:ほげるって言うぞー。
  
  姉:そんな言葉しらーん!!

 えー、ほげるとは、窪んでいるとか言う意味で、よく“穴ほげとるでー”と言うような使い方をするのですが、お姉ちゃんが知らないってことは、やっぱり方言なのでしょうか?ちなみに私もパパ様も、九州の大分県出身で、あちこち転勤族なので、方言はすこーし薄れてるかもしれませんが、たまにベタなものが出てきたりします。しかし、家族で会話ができないとは・・・sc06大分で有名な“なしか”と“よだきい”も、お姉ちゃん知らなかったしなー。かといって、標準語一家でもなく、どちらかといえば関西弁がベースの我が家です。これでまた転勤になって、東北とかだったら、おチビちゃんはこれから言葉を喋り始めるので、また分からなくなってしまうかも…えぇ誰か、通訳欲しいです汗(だらだら)
スポンサーサイト
Comment
立派な 大分弁だし~☆
 「ほげる」は かなりディープな大分弁だと
思う・・・ワタシが 知ったのは 中学の時の
社会の 山田先生が叫んだときだった。
「こんなとこに 穴が ほげちょんで!」

 クラスの半分以上が 「はあ?穴が どうしたってえ?」という顔になったので、山田先生はアセって「なあ、ほげるっち言わん?言うやろ~?」と あたふたしていた。

 ・・・というのが、ワタシの地理の時間の
思い出です(笑)

   たこみさま!

山田先生、懐かしーなー・・・なんて、違うところで感心してしまいましたv-8
そうか、やっぱり大分弁か・・・i-182嬉しいような、困ったような・・・
たこみちゃ~ん、我が家に通訳(?)に来ない・・・って、関東だもんねi-229
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Tell me

Author:Tell me
H.18年1月8日(いやいやの日)に産まれたヤンチャ娘と、H.7年1月産まれの思春期のお姉ちゃんの母です。
絵本や歌が大好きですが、現実は・・・ドタバタ喜劇のような我が家の様子、御覧あれ~!

産まれてきてくれてありがとう

*script by KT*
産まれてきてくれてありがとう

*script by KT*
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。